車のタイヤ交換の重要性とメリット

車のタイヤは消耗品です。

 

走行距離が長ければ長いほどタイヤはすり減ってくるのでタイヤを交換しなければなりません。

 

タイヤは車の重量を支えているわけですから、車にとっては必要不可欠な部品と言えるでしょう。

 

また車のパーツの中で、タイヤは唯一路面と接しているので、車が走る、曲がる、止まるといった動きをする時、タイヤを通じて路面に伝えられます。

 

タイヤの交換を定期的に行わないと、スリップしやすくなるなど事故につながりやすくなるでしょう。

 

またタイヤは使用期間が長くなると、タイヤの側面にある溝が無くなってきます。

 

タイヤの溝がなくなると路面とタイヤ接地面の間に水の膜ができて、スリップしたり、ハンドルが効かなくなったりするハイドロブレーニング現象を引き起こし、大事故につながる可能性が高くなってしまうのです。

 

タイヤ交換は大きな事故を未然に防ぐためにもとても重要ですよ。

 

車のタイヤ交換をする時期

タイヤは走行すればだんだんと摩耗していきます。

 

また、走行時のカーブの頻度、停車時の摩擦など使用環境、車体の保管条件などによってタイヤの寿命にはばらつきがあります。

 

タイヤを交換する時期の目安としては「タイヤの溝の深さ」があります。

 

タイヤの溝の深さには法定基準があり、「いずれの部分においても1.6o以上」と道路運送車両法の保安基準によって定められているのです。

 

1.6o未満となったタイヤは整備不良となり、車検を通すことはできません。

 

また、タイヤの側面には△マークで描かれた「スリップサイン」があります。

 

タイヤの摩耗が進行するとタイヤが地面と接触する「トレッド面」と「スリップサイン」が同じ高さになります。

 

1ヶ所でもスリップサインが浮き出てくると、タイヤの溝が1.6o未満にすり減ったということを意味しているので、タイヤをいち早く交換しなければなりません。

 

一般的な車のタイヤの種類

・オールシーズンタイヤ
オールシーズンタイヤは1年を通して使用できる全天候型のタイヤ。

 

夏タイヤ、冬タイヤに比べるとやや性能は劣ります。

 

タイヤが柔らかいので地面と擦れやすく、エコタイヤよりも燃費は悪いです。

 

・夏用タイヤ

夏用タイヤには、エコタイヤ、ランフラットタイヤ、コンフォートタイヤ、スポーツタイヤなど色々な種類があります。

 

エコタイヤは低燃費タイヤとも呼ばれており、同じ燃料であっても遠くまで走ることができます。

 

ランフラットタイヤはタイヤがパンクしても、ある程度の速度と距離までなら問題なく走行できるタイヤです。

 

コンフォートタイヤは乗り心地と静粛性を重視したタイヤになります。

 

・冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)

冬用タイヤは雪道や凍結した道路で滑らずに安全に走るために開発されたタイヤです。

 

夏タイヤとは原材料のゴムが異なります。

 

スタッドレスタイヤのゴムは低温でもやわらかさを保特別な素材になっています。

 

車のタイヤ交換の流れ

1、ジャッキアップ

タイヤ交換をするためには、まずはタイヤを外さなければなりません。

 

車体をジャッキアップ(持ち上げ)する作業からスタートです。

 

設備によってリフトを使って4本同時、フロアジャッキお使ってフロント2本、リア2本ずつ、もしくは1本ずつ行います。

 

2、ナットを外す

インパクトレンチを使ってナットを外します。

 

このインパクトレンチとは電気や圧縮空気を利用した道具でナットを一気に外すことができますよ。

 

3、ホイールからタイヤを外す

タイヤの空気を抜いて、タイヤチェンジャーにタイヤを乗せて、回転させながらビードを外します。

 

ビードとはタイヤとホイールが接する部分のことです。

 

4、ホイールに新しいタイヤを付ける

タイヤチェンジャーに新しいタイヤを付けて、ビードに空気漏れ帽子クリームを塗布。

 

その後、タイヤチェンジャーでビードをはめていきます。

 

5、空気を入れる

タイヤに空気、または窒素ガスを充填します。

 

6、ホイールのバランスを取る

タイヤは微妙に重量バランスが偏っています。

 

バランスが偏っているとハンドルがぶれやすくなるため、ホイールバランスを取って重量のバランスを均一にしていきます。

 

7、タイヤを車体につける

車体にタイヤ付ホイールを取り付けて、タイや交換が終了です。

 

1〜7までの流れでタイヤ4本の交換で30分から2時間前後はかかるでしょう。

 

タイヤの大きさ、種類、ホイールの形状などによっても交換時間には差があります。

 

車のタイヤ交換の値段や工賃

・カー用品店やタイヤ専門店の場合

カー用品店やタイヤ専門店でタイヤを購入した後にタイヤ交換をする場合、タイヤ交換にかかる費用はバランス調整込みで1本1,000円前後となります。

 

タイヤ4本を交換する場合、4,000円〜5,000円が相場となるでしょう。

 

またその他に、ゴムバルブ交換が1本300円前後、窒素ガス充填が1本500〜600円、廃タイヤ処分料が1本300円前後はかかってきます。

 

・持ち込みの場合

タイヤ交換をしたい時に、タイヤを持ち込みできるかどうか?は店舗によって異なります。

 

他店で購入したタイヤを持ち込んで交換できるかは事前に確認した方がよいでしょう。

 

ただ持ち込みのタイヤ交換をOKしていても、工賃やトータルの交換費用は少し高めに設定している場合が多いようです。

 

持ち込みのタイヤ交換の費用相場は、タイヤのサイズによっても異なりますが、4本の交換&バランス調整で8,000円〜10,000円前後が相場といえるでしょう。

 

さらに廃タイヤ処分料も必要となります。

 

車のタイヤ交換のサービスと通販

TIREHOOD(タイヤフッド)

https://tire-hood.com/

購入も取付もまとめて解決できる&全国4,400店舗で取付予約ができる
予約しておけば当日の待ち時間ゼロ&取り付けは最短30分で完了
車種、タイヤサイズ、ブランドから人気のタイヤを簡単に検索できる

TIREHOODはタイヤ購入とタイヤ交換予約を一度にできるネットサービスです。

 

ネットで予約すれば、予約当日に店舗に行くだけでOKなのでとっても簡単。

 

お得に購入して全国4,400店舗で取り付けができちゃいます。

 

かんたん検索で最適なタイヤを見つけることができ、近くの取り扱い店舗を選んで希望の日時で取り付け予約をします。

 

待ち時間がなく、取り付け時間は最短30分で完了するので時間もかかりません。

 

無料の6ヶ月間パンク保証付きだけではなく、お客様のニーズに合わせて24ヶ月プレミアム保証も用意しているので安心感がありますよ。

 

AUTOWAY(オートウェイ)

https://www.autoway.jp/

タイヤの購入から取り付けまでAUTOWAYが一貫してサポート
徹底的なコスト削減により低価格、高品質、安心、即日発送を実現
国内最大級の輸入タイヤ通販実績あり&業界最安値の価格を実現

AUTOWAYは国内最大級の輸入タイヤ&ホイールの通販サイトです。

 

1969年に創業し、1999年からタイヤの通信販売をスタートしたAUTOWAYでは、国際的な品質規格の通った商品のみを取り扱い。

 

世界各国から集めた様々なタイヤ・ホイールを低価格で販売しています。

 

AUTOWAYでは仕入れから販売までを一貫して行い、徹底的なコスト削減を行っています。

 

そのため低価格、高品質、安心、即日発送に対応可能。

 

さらにAUTOWAYで購入したタイヤを取り付けしてくれる、取り付け・交換可能な取り付け店を全国から紹介しています。

 

購入から取り付けまでトータルサポートしてくれるので初心者でも安心ですね。

 

有名なタイヤメーカーと特徴

・ブリヂストン

世界トップシェアを誇る日本のタイヤメーカーです。

 

トラック、バス、乗用車のタイヤ設計を行っており、高級ブランドで知られている静寂性を追求した「REGNO」や、スポーツタイヤでグリップ力が求められた「POTENZA」など豊富な種類があります。

 

またブリヂストンではスタッドレスタイヤが人気で、性能が優れていると定評があります。

 

・横浜ゴム

横浜ゴムのタイヤは、ラベルに「YOKOHAMA」と書いており、古河グループのタイヤゴムメーカーになります。

 

横浜ゴムの「ADVAN dB」はスポーツ性能、グリップ力、ウェット性能に、静寂力まで揃っている万能タイヤとして人気を集めています。

 

・ミシュラン

フランスに本拠地を構えるミシュランは、ラジアルタイヤを世界で初めて製品化したメーカー。

 

世界最大のタイヤメーカーで、タイヤ開発技術が高いため、十分満足できる性能があります。

 

ハイスペックスポーツタイヤである「PILOT SUPER SPORT」や、圧力が均等になるトレッド構造を採用した「PRIMACY HP」は人気があります。

TOPへ